So-net無料ブログ作成

姫路城大天守保存修理前の見学と明石蛸めし、明石卵焼き初体験記 『その1 明石編』 [神社、仏閣、城郭とグルメ]

以前から一度は見たいと思っていた姫路城が平成の大修理のため、大天守全体が素屋根に覆われ、修理期間中の五年間はその姿を見ることが出来なくなるため、急遽姫路に行くことにした。
今回の姫路行きの主目的は大修理前の姫路城を見ることであり、姫路市内では特に観光するところもあまりないため、姫路城見学のあとは明石市に行くことにする。

明石は明石海峡で獲れた蛸が有名であり、それを使った 『たこ飯』 を食べること、明石焼(卵焼きとも言うらしい)を食べること、明石海峡大橋をみること、明石を通る東経135度線上にある 『明石天文博物館』 を見ることを目的にして出発。

出発日は3月30日、前日の予報では石川県加賀方面は夜は雪、姫路、明石方面の3月30日の予報は晴れ。
絶好の観光日になりそうな予感。

松任では夕べからの雪が所々に少し残っている程度だったが福井県境あたりから一面真っ白。
桜開花とは思えないような車窓からの風景が京都あたりまで続き、ある場所では桜が開花しているのに雪が積もっている なんとも不思議な光景を見ることが出来た。


      P3300014.JPG
           P3300002.JPG
           [雪]積雪量は僅かだがこの時期としてはびっくり!!          

   松任を午前6時過ぎに出発、途中雪景色が続いたが大阪に近づくにつれ
   桜の花も見られるようになり、北陸との気温の差を感じる。
   松任からサンダーバードに乗り、新大阪で山陽新幹線を乗り継ぐと僅か3
   時間半程度で姫路に到着する。
   姫路、明石方面をゆっくり観光しても日帰り旅行が充分可能の地区です。

      IMG_1905.JPG
      IMG_1907.JPG
      osaka_2-1.jpg
      山陽新幹線車両 N700系レールスター 最高速度285㎞/h
           北陸にもあと四年後には新幹線が開通予定      [新幹線]

 姫路城観光記事は別項で編集することにしてまずは明石市内を

      IMG_2140.JPG
      明石の台所とも言うべき 『魚の棚』 商店街 
                      『うおんたな』
           鮮魚店を中心に100軒以上の店が東西250mにも渡り連なる、
      魚介類の豊富な商店街
      タイやタコをはじめ明石海峡で獲れた活きのいい魚を求めに、
      連日多くの買い物客で賑わい、地元では「うぉんたな」と呼ばれ、
      
親しまれている。
      金沢の近江町市場のようなところ。

      IMG_2141.JPG
       平日にもかかわらず多くの人でにぎわっていた

           IMG_2142.JPG
           明石名物 『干し蛸』
      大きいものは1枚5000円以上もする
      焼いて食べたりたこ飯の材料になる

      IMG_2156.JPG
      生の 『イカナゴ』
      スズキ目イカナゴ科 漢字では 『玉筋魚』 と書く
      普通は釜揚げか、それを天日干した 『かなぎちりめん』
      として食されることが殆どでしたが 、1935 年に神戸市
      垂水区の別荘地住民がある魚屋さんにこれを佃煮にし
      てほしいとの希望で作ったのが始まりで後に 『イカナゴ
      のくぎ煮』 と名付けられて明石名物になった。
      くぎ煮とは煮あがった姿かたちが古釘に似ていることか      
      ら名付けられた。
      明石海峡で操業する イカナゴ漁 は瀬戸内海の春の風
      物詩として地元に定着している。
           毎日水揚げされたイカナゴが魚の棚商店街で売られて
      おり、地元では各家庭でくぎ煮が作られている。

      IMG_2143.JPG
      各商店によって味が違う様です。
      試食が出来るので好きな味のものを購入されるようです。

      IMG_2144.JPG
      練り物(かまぼこ)店も多くある。

      IMG_2145.JPG
      明石では新鮮な魚を提供するため午前11時半から競り
      が行われ(ひる網)すぐに魚の棚店先に並びます。
      明石漁港から魚の棚までは僅か5分の距離。
      生きていてピチピチはねている魚も多くあります。

      IMG_2147.JPG
      IMG_2149.JPG
      明石は明石海峡で取れた蛸が名物
      魚の棚でも多くの蛸が売られている。

      食事はネット検索で探した、魚の棚商店街の中にある
      家庭料理 『みつぼし』   [レストラン]  ですることに。

      IMG_2161.JPG
      ここでは少々トラぶったが多くは書かないことにしよう

      IMG_2162.JPG
      IMG_2163.JPG
      IMG_2164.JPG
     NET上の書き込みを見るとまあまあの評判の店でしたが。

      P3300045.JPG
      P3300046.JPG
      P3300047.JPG
      P3300049.JPG
      すべてのセット物にはくぎ煮が付いています
      P3300051.JPG
      妻のオーダーした『あなごセット』

      P3300053.JPG
      P3300055.JPG
      P3300057.JPG
      P3300060.JPG
      P3300059.JPG 
      私の頼んだ 『蛸セット』

      IMG_2151.JPG
      明石市役所2階ロビーからの明石海峡大橋

      観光パンフレットには観光スポットとして明石市役所南
      のテラス護岸からの眺めがいいと書いてあったので市
      役所職員に聞いたが要領を得ない。

      テラスとは家屋の母屋から突き出したもので庇または
      屋根がかかっている とあるので当然市役所に続いた
      ものと思うが違うらしい。

      市役所の南側にある護岸ということらしい。
     
      パンフレットの書き方がおかしいのではないか。
      楽しみにして駅から20数分もかけて歩いてきたのに
      帰宅してから調べてわかったことであり

          『後の祭り』

      IMG_2152.JPG
      IMG_2154.JPG
      IMG_2166.JPG
      IMG_2265.JPG
           明石は135度子午線と明石海峡大橋の町
      マンホール蓋は子午線と大橋がモチーフにされている

      IMG_2167.JPG
      JR西日本 明石駅

      IMG_2170.JPG
      明石駅ホームからは明石城が見える
      巽櫓・坤櫓が国の重要文化財に指定された。

      IMG_2168.JPG
      明石駅ホーム上の表示

      コピー ~ 朝霧歩道橋.jpg
      明石からすぐ隣の朝霧駅へ
      ここからは明石海峡大橋が真近に見える
      明石駅前から大蔵海岸へと続く朝霧歩道橋

  2001年7月20日より明石市大蔵海岸にて第32回明石市民夏まつり花火大
    会が行われた。
  同催しの日程で2日目となる21日の午後8時半頃、西日本旅客鉄道(JR西日
   本)朝霧駅南側の歩道橋において、駅方面からの見物客と会場方面からの見
   物客とが合流する南端で1m²あたり13人から15人という異常な混雑となった
   ことから「群衆雪崩」が発生。死者11名(内訳:10歳未満9名・70歳以上2名)
   と重軽傷者247名を出す大惨事となった現場。

      コピー ~ 朝霧歩道橋1.jpg
      コピー ~ 朝霧歩道橋2.jpg
      コピー ~ 朝霧歩道橋慰霊碑.jpg
      朝霧歩道橋事故犠牲者の慰霊碑

          コピー ~ 朝霧駅時計塔.jpg
          朝霧歩道橋脇の時計塔にも蛸が

      IMG_2187.JPG
      IMG_2204.JPG
      IMG_2198.JPG
      大蔵海岸からの明石海峡大橋

      IMG_2215.JPG
           IMG_2243.JPG
   堀江謙一氏が1999年生ビール樽を再利用したリサイクルヨット
   (モルツマーメイドⅡ号)でサンフランシスコ~明石海峡大橋間を
   横断したものでここ大蔵海岸に永久展示されている。

      大蔵海岸を後にして明石天文博物館へ

   明石天文博物館は残念ながら改装工事のため5月まで休館していて
   館内の入ることは出来なかった。

      IMG_2256.JPG
      明石天文博物館背後の人丸山頂からの明石海峡大橋

      IMG_2258.JPG
      付近案内図

      IMG_2245.JPG
      日本標準時制定100周年記念石版
      人丸山遊歩道上に設置してある

      IMG_2263.JPG
      IMG_2273.JPG
      東経135度線上にある『明石天文博物館』

          IMG_2249.JPG
          IMG_2251.JPG
      IMG_2254.JPG
      IMG_2248.JPG
      日本標準時子午線表示   
    
      
          IMG_2268.JPG
   神明国道(現在の国道2号線)が開通した際に、1928年の天文測量で定め
   られた子午線を示す標識として建立。
   コンクリート製で、トンボの標識同様、当時としては新鮮なデザインでした。
   しかし第二次世界大戦時の金属供出で、当時取り付けられていた銘板はす
   べて撤去されました。

   銘板の文言は長らく不明とされてきましたが、2009年3月に設置された解説
   板によると、明石市史写真資料により「日本中央標準時東経百三十五度 子
   午線通過標」と刻まれていたいたことが分かっています。

   標識の位置は1928年の天文測量に基づいたもので、1951年の天文測量
   に基づいた他の市内の標識より、約10mほど西側に建っています。現在は
   天文科学館の案内標識となっています。

   2007年3月15日に明石市指定有形文化財に指定されています。

   2009年3月より、調査のためとして標識北面の覆いが透明アクリル板に貼
     り替えられ、王子のコンクリート製の標識を見学できるようになっている。

      説明板.JPG
      説明文
      

          IMG_2275.JPG
      IMG_2276.JPG
          IMG_2278.JPG
      山陽電鉄人丸前駅の ホーム西端近くに東経135度子午線
      と書かれた線が引いてあり、その先に明石市立天文科学館
      が見えています。
      線路の向こう側にも東経135度子午線の文字があり、さらに
      その外側まで続いています。
      近畿の駅百選に認定されている。

      IMG_2279.JPG
      IMG_2280.JPG
           人丸駅ホーム床面には星にちなんだイラストが所々描かれ
      ている。
  
  星座2.JPG 星座1.JPG
  明石天文博物館から人丸駅までの歩道上には星座の石柱が12か月分
  設置されている。

  明石天文博物館をあとにして、再度魚の棚商店街へ。
  名物の明石焼き 『(出汁で食すたこ焼き?)(明石卵焼き)とも言うらしい』
  を食べずばなるまい。

      IMG_2298.JPG
      『ギャラリーであい』 
      店内がギャラリーになっている明石焼の店

      IMG_2283.JPG
      店内の様子

      IMG_2288.JPG
      明石焼
      昆布だしの利いた出し汁にお好みで刻みねぎ、刻み紅しょうが
      (右上の壷に紅しょうがが入っている)を入れて、明石焼きに付
      けて食べる。 
      フワッとしていて中には蛸が入っているところはたこ焼き風。
      私たちが普段食べているたこ焼きとは全く違う別物の料理とい
      う感じの食べ物です。
      卵も相当量入っているようです。
      一人前10個~15個でいくらでも食べることが出来そうです。
      石川にあればキッと食べに行くでしょう。

      IMG_2292.JPG 
      IMG_2295.JPG

      IMG_2158.JPG
      明石焼きに使う蛸は茹でた物を少し干して使うそうです。

      IMG_2317.JPG
      IMG_2321.JPG
      IMG_2328.JPG
      自家用に買って来た『いかなごくぎ煮』 山椒味
      ご飯を余計食べてしまいそう 

      干し蛸を買って来たがそれを使った 『自家製 たこ飯』
      は後日別項でアップ予定
         

          

  


            

            

      

      


     


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 2

ALOHA~♪

大蔵海岸 行きはったんですねー
太陽を感じて風も気持ちええとこですよね~

干し蛸は 結構高価なのでいつも買いそびれています(笑)

姫路は トンカツの美味しいトコが何軒かあるのですが
何 食べはったんかな~?

by ALOHA~♪ (2010-04-06 14:09) 

gorukichi

ALOHA様
 姫路城が素屋根で長期間見えなくなるということで急遽姫路城に行ってきま した。

 明石の蛸めしのことばかり頭にあって、姫路のとんかつのことは全く浮かび
ませんでした。
 残念。

 姫路のとんかつは姫路城の素屋根が撤去されたときまでお預けにしておき  ます。

 干し蛸 確かに高いですね。
 今回は列車でしたので大きな干し蛸は諦めて、小さなもので我慢しました。

 大蔵海岸、なかなかいいところですね。
 この場所で大きな事故があったことを思うと、亡くなった方のご冥福を祈らず  にはいられませんでした。
by gorukichi (2010-04-06 21:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。